集客や収益をアップが目指すならWEBチラシが便利

WEBチラシで収益アップ!

WEBチラシは、お店の特売情報やキャンペーンなどに関する、さまざまな広告チラシをネット配信する宣伝手法です。低料金で利用できるうえ、非常にたくさんの人の目に触れるチャンスがあります。コストをかけずに収益アップを目指すのに格好のツールであるといえます。

インターネット上にチラシを掲載するメリット

no.1

第1位:媒体の制限がない

従来のチラシの場合は「紙」という媒体が欠かせないため、印刷した枚数以上に出回ることがありません。これに対してWEBチラシはインターネットに接続できる環境があれば誰でもアクセスできるため、無制限と言っても差し支えないほど広範囲の消費者に見てもらえるチャンスがあります。

no.2

第2位:タイムリーな広告が打てる

WEBチラシの大きな特徴として、紙のチラシと違って印刷に要する時間が必要ないという点が挙げられます。そのため原稿を作成してから完成品を公開するまでのタイムラグが小さく、よりホットでタイムリーな内容を宣伝することができます。

no.3

第3位:反響を可視化できる

WEBチラシはホームページ等に掲載するほか、専門の配信業者を利用して公開することが可能です。こうした業者の多くは閲覧数や閲覧された日時・時間帯などを解析し、その結果を報告するサービスを手がけています。そのため、チラシ配信に対する反響をダイレクトに知ることが可能です。

集客や収益をアップが目指すならWEBチラシが便利

サイト

新聞チラシにはないWEBチラシの魅力

紙のチラシの配布方法としてポピュラーなのが新聞への折り込みですが、この場合、当然ながら新聞を購読していない家庭には届くことがありません。しかしWEBチラシならば、こうした制限を受けることがありません。特にあまり新聞を読まないと言われる若年層に対する広告効果は極めて高いものがあります。

WEBチラシに掲載できる情報とは?

紙のチラシもWEBチラシも、掲載できる情報は基本的に変わりません。ただ、紙のチラシは印刷及び配布にかかる日数から逆算して内容を考える必要があるのに対し、WEBチラシは作成後すぐに公開できます。そのため、より新鮮な情報を掲載することができますし、新鮮であるほど広告効果も高くなります。

WEBチラシの活用方法

WEBチラシは単独で公開することもできますが、配信業者の中には系列店のチラシや同じ店の別のチラシなどと連動して表示したり、電子クーポンを発行したりできる機能を提供しているところもあります。そのため、より多角的な販促活動に活用することが可能です。

WEBチラシを制作する流れ

配信業者を選ぶ

ホームページ上のみの公開では訪問者が限られるため、より広範囲の消費者に見てもらうには配信サービスの利用が適しています。向いている業種・ポータルサイトとの連動数・料金体系などは業者ごとに異なるため、それぞれの特徴をチェックして自分のお店に合っていそうな業者を選びます。

チラシの原稿を作成する

大半の配信業者はWEBチラシ用のテンプレートを用意しているので、それを活用すれば簡単に原稿が作れます。その他、保存できるファイル形式さえ合致すれば、紙のチラシを作るための市販のDTPソフトも使えます。

紙のチラシを転用する

紙とWEBの両方で広告活動を展開したい場合は、紙のチラシをそのまま電子化してWEBチラシに使うというやり方もあります。この場合は自分でデジタル原稿を作成したのであればそれをそのまま使えますが、そうでない場合は完成品をスキャナで取り込むか、印刷業者から電子データを受け取るかのいずれかの方法によって原稿を用意します。

広告募集中